自然な膨らみのある乳房に|肌の天敵であるニキビ跡はクリニックで簡単に削除可能
女医

肌の天敵であるニキビ跡はクリニックで簡単に削除可能

自然な膨らみのある乳房に

バスト

乳がんの治療後

乳がんの治療では、がん細胞が集まっている腫瘍を、乳房から摘出することが必要となります。そのため治療後には、乳房には大きなくぼみができてしまいます。その分膨らみが失われるので、美容面での問題で悩む女性は多くいます。しかし現在ではそのような女性のために、一部の美容外科で乳房再建がおこなわれるようになっています。乳房再建では、乳がんの治療で切除された乳房を、元に近い状態に戻すことができるのです。具体的には、患者自身のお腹などの脂肪またはシリコンインプラントを入れることで、乳房を膨らませます。いずれの場合も、乳房は自然な膨らみと柔らかさのある状態になります。乳がんを発症する人が増えていることからも、乳房再建をおこなっている美容外科は注目を集めています。

拡張器を使用

乳がんの治療では、腫瘍が大きくなっている場合には、乳房が一部ではなく全体的に切除されることがあります。そして乳房再建では、このように完全に失われた乳房でも、美しく膨らませることが可能となっています。しかし平らになった状態の乳房には、脂肪もシリコンインプラントも、うまく詰めることができません。そのためこの場合の乳房再建では、まずはそれらを入れるために、乳房の皮膚を袋状に膨らませることになります。具体的には、拡張器と呼ばれる薄型の医療機器を挿入し、そこに生理食塩水を注入するのです。定期的な注入により、拡張器は徐々に厚みのある状態になっていきますし、それに伴って乳房の皮膚は伸びていきます。そして十分に伸びてから、脂肪やシリコンインプラントを入れるわけです。この方法により、平らな乳房でも豊かに盛り上がります。